家計簿の付け方をご紹介!こんなアプリもあるよ

家計簿

収入と支出のバランスを整えるためや節約をするために、日ごろから家計簿を付けている人もいますよね。今回は家計簿の付け方がよくわからないという人に向けて、付け方などのアドバイスをまとめてご紹介します。これから付けようと考えている人は、以下の内容を是非とも参考にしてみてください。

家計簿をつける目的を明確にする

まず考えるべきことは、どのような目的で家計簿を付けるかについてですね。ただ家計簿を買って書き続けていても、目的がないと途中で飽きてしまうかもしれません。継続して書き続けていても、目的が明確化していないとまとめた情報を活かせない人もいるでしょう。自分の目的を必ず明確化させて、家計簿を書くことをおすすめします。

たとえば家計改善が目的なら、ムダ使いをやめてお金を貯めたいと考えるでしょう。お金を管理している夫婦のうちのどちらか、また一人暮らしであれば仕事をする社会人などがそう考えるのではないでしょうか。家計簿を付けてお金の使い方を見直し、改善させることを目的にできますよね。

将来のためにお金を残しておきたい、という理由もあるかもしれません。老後のために貯金する、病気や怪我をしたときの治療費に充てる、などと考える人にも家計簿を付けることはおすすめです。

お金がないとき

以上の通り明確化された理由があれば、家計簿を書き続けるためのモチベーションになるでしょう。それを踏まえて家計簿を付けるつもりの人は、私が実践していた以下の3つのポイントを意識してみてください。

全部記録すること

まず1つ目のポイントは、短期間でも良いから細かく記録を残すことです。いきなり長期間付けようとしても、初心者には難しいかもしれないですね。でも1週間や1ヶ月程度であれば、とりあえず始めてみようかな、と思えるかもしれません。

決して無理をしないで短期間から始めてみて、その後も続けられそうなら家計簿を付けることを習慣化してみましょう。

こまめに振り返ること

次に2つ目のポイントは、付けている途中で振り返りをすることです。たとえば1週間付けてみたら、その内容を必ずチェックしてみましょう。

支出の多い日がどのくらいあるか、1週間のうちイチバン支出が多い項目はどれか、などをチェックするのです。振り返ることで問題点が見つかったら、その次の週から問題が解決するように過ごすと良いでしょう。

改善点を探す

最後に紹介する3つ目のポイントは、自分なりの改善案を考えることです。節約するといっても、具体的にどのようにすべきかは人それぞれかもしれません。支出が多い項目が見つかったら、その項目にかけるお金をできるだけ制限することです。

前の週や月に旅費交際費が多かった場合、外出や友人たちとの食事の機会を減らすと良いでしょう。だけど外出したり友人たちとワイワイ過ごすことは、ストレス発散にになって楽しいですよね。過度に制限してストレスを溜めないように、改善案は現実的に可能な内容にすると良いです。

ルールを守ればお金の管理が楽になる

この3つのポイントを意識して家計簿を付ければ、自然とお金の管理が上手くなるかもしれません。まずは騙されたつもりでやってみましょう。どのようにして家計簿を付けるかですが、特に指定はありません。紙のノートやルーズリースを使う、文房具店やホームセンターにある家計簿を使う、などは個人の自由です。

手書きで付けるのが面倒なら、パソコンのソフトやスマートフォンのアプリなどもありますよ。お店や施設でもらったレシートを捨てずに取っておき、そのまま紙のノートに貼り付けるなども良いです。

家計簿を付けると得られるメリットがあると考えて、続けられそうな方法を見つけることが重要です。最初はあまり難しく考えず毎日確実に記録を残すことを重視して、その内容を徐々に活かせるようになると良いでしょう。

このごろエクセルの勉強しているけど全然先にすすまない

最近、エクセルのことを勉強しています。10年以上前は、仕事でエクセルを使っていたのですが、このときしていた作業はかなり初歩的な難しくないことばかりだったので、エクセルの知識はあまり増えませんでした。

それにくわえ当時と今とでは、エクセルそのものがだいぶ変わっていると思うので、あらためて勉強する必要があると思ったのです。

実際にエクセルを使おうとすると罫線を引くこともできないという(汗)、もし今すぐにデスクワークをやれと言われたらすぐにつまずくレベル・・、昔は仕事で使っていてもこのていどです。使わないと忘れてしまうものです。

ちょっと進んでは壁に当たり……

今勉強しているのは関数やマクロです。これがかなり難しくて、とくにマクロはよくわかりません。いちおうテキストを見ながら実践するのですがテキスト通りに画面が動かないという悲しい結末です。

半分動いても最後まではまともに動かないという・・どう説明したらいいのかわかりませんが、こんなことばかりで全然先に進めません。

関数は仕事でも使っていましたが、それはごく簡単なものばかりで、今勉強しているような複雑な計算が一気にできるというレベルの関数ではなかったです。

今はその関数を使う以前に、表に示されている数字の意味を理解するのに時間がかかってしまいます。もしかしてエクセルを勉強する以前に、覚えないといけないことがあるのかもしれません・・、算数レベルからやり直ししないといけないかもしれません。

このように勉強するたびに自信をなくしていくのですが、これらをマスターしたらデスクワークがだいぶ楽になるというのもわかります。わかるのですが、できる人は仕事を押しつけられるからけっきょく楽にならないという説も・・(友達がこういうこと言ってました)。

エクセルのマクロを使いこなせる人が増えたら、デスクワークの仕方が変わるかも・・というよりデスクワークで必要な人材がますます減ると思います。

エクセルの勉強はいっこうに進まないのですが、エクセルで簡単なイラストを作るなど実務的なこと以外の知識は増えました。

話題になっているおじいさんやおばあさんとくらべると、私が作るエクセルのイラストは全然レベルが低いですが、関数やマクロよりおもしろいのでつい横道それてしまうのです。

これからは小学生がプログラミングを学ぶ時代だというのに、こんなことではとても時代についていけません。プログラミングを普通にこなす子供達が増えるなんて想像がつきませんが・・。

旅行に行きたい今日この頃なので計画を立ててみました!

ずーっと旅行に行きたかったんですけど、ここ数年なにかとあり旅行に行けずじまいでした。なので最近は旅行に行きたくて行きたくて仕方ありません。

行き先は出来れば沖縄に行きたいんですけど、この際どこでもいいから行きたいな!っていうのが本音なんですよねー。

結婚する前とか子供が産まれる前とかその都度その都度減ってきてたし、その度にいっとき行けないだろうなぁって覚悟はしていたつもりだったので回数が減るのは仕方ないと思うんですけどね!

周りが旅行に行ったって話を聞いたりすると羨ましいなぁって思うし私も行きたい!ってなっちゃうんですよねー!単純なんでそんなもんですよねー。

子連れで旅行するなら計画が大事ですよね

今沖縄に行きたいなぁって思うんですけど子供にとったら初めての飛行機になるんですよ。だからとても不安なんですよねぇ。

色々と考えれば考える程悩むんですよね、行かないべきなのかなぁって。近場でもいいけど、せっかくならば行きたい所に行きたい気持ちもするし!

飛行機に乗って周りに迷惑かけないようにしたら子供にとってもいい経験にもなるし楽しそうだなぁって思うんですよねー!最近乗り物が大好きなので、飛行機とかも言えるようになってるから乗せたら喜びそうだなぁって思います。

で、行くとなった時にもネットから予約をするのもあるし、旅行会社に頼むやり方もあるけど、行くなら旅行会社に頼むのがわたし的には安心かなぁって思います。私はネットとかに疎いっていうのもあって本当に予約取れてる?と不安になっちゃうですよねー。

しかも今回は子連れで初めての旅行だから予約をしとかないと万が一予約取れてない!では大変ですからね!ちゃんとファミリー歓迎!みたいな所にしようと思っています!

旅行会社に行くとたくさんのパンフレットがあるから本当に悩むんですけどね!あれを持って帰って色々見返したりするのが楽しいんですよねー!

沖縄を第一候補にしつつ、他の良さげな所も数か所持って帰って家に帰って家族会議をしないと!旦那さんは結構最初に決めたら気持ちが動かないんでね!

ありがたいような迷惑なような、、って感じなんですけど、とにかく楽しい旅行になるように色々悩みつつ選ぼうかなって思ってます!

子供連れて初めての旅行だからこそ、大変な日程は組まないようにして予定はあるようなないような感じにしといた方がいいかなって思ってます!詰め込んでいたら子供も大変だし可哀相ですもんね!

先手先手のデジタルデトックスで生まれる「本当の自分時間」

最近になり、デジタルデトックスということでネット断捨離を意識しています。

ネットの普及により、ついついムダに費やしてしまうネットサーフ時間。検索をする人、ゲームをする人、いろいろいますが、私の場合コンテンツ見たさにネットを使うタイプ。でもこれがまた時間の浪費になることも多々あるもの。気をつけながら楽しむよう心がけています。

そこで意識して欠かせないのが、デジタルデトックス。パソコンの電源を切ったら今度はスマホが気になっている自分に気づいたことも後押しし、ちょっとはネット環境から距離を置こうと始まった行動です。

デジタルデトックスをすることで明らかに生まれるものは、ネット以外のことをやるための時間がまず筆頭に上がりますね。いわば、本当の自分時間というわけです。

興味があるから、楽しいからといって長時間ぶっ通しでネット画面に釘付けというのは、やっぱり自分としてもちょっとねえ、、、となるので。

なので同じネットを生活の中に取り入れるにも、たとえばネット1時間→間を置いてデジタルデトックス。そしてふたたびPC画面に向かう、という流れにした方が何かとメリットがあり、時間の使い方として効率もよく、質がいいのが分かります。

この合間時間こそがデジタルデトックスの時間ですね。このときにちょっとした家事雑事をちゃちゃっと片づけたり、掃除機をフロアがけするだけでも違いますし、何か片づけ物をするのだっていいのです。

家事的なことであれば、生活しているかぎりほぼエンドレスにあるので次のやることに困るということはまずないでしょう(笑)。

情報の氾濫から自分を守る

ネット時間をいつ切り上げるかなど、時間意識をしながらネットをすると多くに気づかされます。ネット上にこれでもかというほどあふれかえる洪水のような情報のうち、本当に必要で有益な情報はほんの1割程度ということも気づきのひとつですね。この気づきは大きいと思います。

情報がやたらにたくさんあればいいというものではなく、便利な反面、いかにムダが多いかが分かりますね。そうしてネット断捨離を意識して行っていくうち、いい意味で本当に必要な情報のみに着眼するくせづけのようなものも生まれます。

いずれにしてもずーっとネット画面に張り付いてる状態というのは、いろいろな意味ろくな結果を生まないでしょう(笑)。目指せ今以上のQOLアップ!これからも意識してデジデトしていくことを生活の中で当然化させ、充実した日々を送っていきたいです。

最近の憧れはYoutuber!私もなってみたいな…。

こんにちは。寒暖差がますます激しくなって、夜は毛布が必須になりました。寒暖差アレルギーなのか、最近はずっとくしゃみをしています。

さて、最近私はYou Tubeを見るのにハマっています。Youtuberなんて今じゃ常識になりましたが、最近まではそこまで興味がありませんでした。

どうしても手が離せないときの最終手段として3歳の息子におもちゃのYou Tubeを見せていましたが、これが中々面白く私の手まで止まってしまうほどに…。

そこからほぼ毎日時間を決めてYou Tubeを見るようになりました。息子はおもちゃを紹介したり、人形遊びをするものが好きなようで見ながらいつもケラケラ笑っています。

一方私はそれを見ながら、この動画を作っている人は毎月いくら儲けてるんだろう…なんて事を考えてしまいます。

私は趣味がゲームなので最近はゲーム実況などを覗いているのですがこれも中々おもしろい!自分が持っているゲームに関しては、他の人のプレイ動画を見るだけで新しい発見ができます。

持っていないゲームに関しても釣られて買ってしまったり、楽しそうだなあと見入ってしまいます。

有名Youtuberの域は遠いですね

私もこんな風に好きな事をして、稼げたらいいなぁとか軽々しく思ってしまいますがYoutuberの世界はそんな甘いもんじゃないそうですね。確かに面白い動画はどれも字幕や効果を工夫していてセンスのあるものばかり。

しかも話すことも面白い。人気が出てYoutubeで稼げる人にはそれなりの理由や努力があるんだなぁとしみじみ感じます。

また、最近どんどん増えてきたバーチャルユーチューバー。これも本当に興味がありませんでしたが、友達に勧められ人気なバーチャルユーチューバーの動画を見てどハマリ。

一方的にしゃべっているだけなのになんでこんなに面白いんだ…といつも感心してしまいます。それを演じている方もとっても上手で、またキャラクターも可愛く動くので何度見ても見飽きないです。

そんなこんなでYoutuberに日々感心している私ですが、ちょっとゲーム実況に挑戦してみようとキャプチャーボードを購入してみました。キャプボと言われるものですが、自分のプレイしているゲームを録画でき、さらにマイクを繋げれば声も入れられるものです。

ですが実際録画してみると人気Youtuberのような面白い小ネタなどもなく、淡々とゲームするだけの動画に…。私のYoutuberとしての道のりはまだまだ長くなりそうです。

人生をおもしろく感じることができるようになってきた!

人生っておもしろい。しばらく「ムダに長生きなんてしたくない~」「キレイなうちに天に召されたい~」なんて思ってきたけど、最近もう少し長く生きてみたいな・・・と思えてきましたよ。

なんといってもわたしの小学生の頃の夢は「可愛いおばあちゃんになること」。お金持ちになりたいだとか良い車に乗りたいだとかそんなことまったく考えなかったですね~。

ただただ可愛いおばあちゃんになることが夢だったわたし。最近になってようやく小学生の頃の夢を実現させたいと思うようになってきました。

私は現在40代後半。昔は人生50年と言われていたみたいだからその当時なら終活をしないといけない歳。現代は人生80年だからまだまだ終活は早いかな。あと10年くらいしたら終活をコツコツ進めていきたいと思ってますが今は今の生活を楽しんでます。

生活を楽しむなんてずっとできていなかったから今すごく幸せ。やっと自由になったような、背中に10キロの荷物を背負ってきたような感覚からようやく解放されて生きている実感があります。

楽しさがあるだけ苦しみもあったはず

人生っておもしろいと思うのは人生楽ありゃ苦もあるから。水戸黄門の歌に「人生楽ありゃ苦もあるさ」という歌詞が出てくるけど歳を取るごとにこの歌詞がグッときて。人生苦しいことばかりじゃないし楽しいことや楽なことばかりでもない。

みんなプラスマイナスゼロになるように仕組まれているような、苦しみや悲しみ喜びや楽しみの量が平等に分配されているような気がして。有名人だからお金持ちになれて幸せな結婚をして良い家に住んでいいことだらけなんてそんなことないですよね~。

有名人だって下積み時代は食べるのがやっとだったり、人気者になれば気軽に外出もできず外出するときはマスクや帽子にサングラスとかで変装しなきゃいけなくて面倒・・・。

面倒というよりかわいそうと言った方がいいのかな。常に人の目を気にして顔ばれしないように変装しなきゃいけない人生なんて幸せじゃないと思う。

有名人ともなればたしかに良い場所に住めたり良いものを食べたりすることができると思う。色々トクすることもあると思う。一般人が分からないような一生経験できないようなこともできちゃったりすると思う。

だけどその代償として苦しいこと辛いことどうしようもない不自由さを味わっているんですよね。そういうことが長く生きているとだんだん分かってくるし、全ては平等なんだと分かってくるから長生きも悪くないかなって思うんです。

小さながんばりやさんと楽しむトリック・オア・トリート

自分が英語に触れたのはおそらく中学校の授業が初めてだったように思います。特に習い事もしていなかったので新しい英語の教科書とユニークなイングリッシュティーチャーの発音にわくわくしたものです。

今は子供のころから英語を学ばせるのは当たり前のようになっているらしく、安くないお金をかけて毎週学校が終わった後に学びにいくそうです。

先日、親戚が遊びにきて小学校2年生の子と何をして遊ぼうかと聞いたら、「今度学校で英検を受けることになったから過去問を解く」と本を広げ出しました。

思わず「え?英検って中学生が受けるものじゃないの?」と聞くと、どうやら違うようです。すでに漢字検定も受けているらしく、今時の小学生は大変そうです。

英文を読みながら解答し、さらにスムーズに読めるように練習するんだと意気込んでいますが、まだ難しい単語もあって何度もつっかえたり発音できなかったりします。

時々フォローしてあげるとみるみる上達していきましたがそれでもたくさんの問題を解いていると同じようなところでつまずいてしまいます。

「もう、何でよめないの!」と小さな体を震わせて涙があふれそうになるのを我慢して自分を叱り飛ばす姿がいじらしくてたまりませんでした。いったい誰の血をひいたんだかがんばりやさんの勉強もようやく一段落、おやつの準備をしました。

すっかり日本に馴染んだハロウィン

近頃はお買い物に行くお店でもハロウィン仕様のお菓子などが目立ってきました。パッケージが独特なので思わず二度見してしまいます。さすがに仮装やパーティーはしないという人でも身近に受け入れられるようになってきた気がします。

玄関にクリスマスリースのようにハロウィンリースを飾るお家も見かけました。おどろおどろしいものではなく、とてもかわいらしいです。折り紙で小さい子でも簡単に作ることができると聞いたので早速スマホで調べながら一緒に折ってみました。

かぼちゃやおばけなどをいくつか作ってつなぎあわせるだけ、オリジナルのリースができました。かぼちゃは折る人によって色や形が違って、ちょっとふっくらしたのもあればカクカクしたのもあります。

顔を書いたらますます個性豊かで笑ってしまいました。なんとなく書いた人の顔に似るらしいですが、本当にその通りです。

勉強で疲れた頭がリフレッシュできたのか、そして作品として完成させられた達成感からか笑顔が戻ってきました。「トリック・オア・トリート」とお菓子を食べてハロウィン気分を楽しみました。

見ず知らずの赤ちゃんや幼い子供に対する接し方。難しいですよね。

今日、1歳になったばかりの息子を連れてスーパーで買い物をしていると、60代ぐらいの男性が息子ににこやかに話しかけてくれました。息子のことを可愛い可愛いと言ってくれ、頭を撫でてくれたりしました。

全く知らない人ですが、小さな子供がいることによってこういった交流が生まれるのは心が温まります。息子の情操教育にもきっと良いと思います。…個人的には。

そう、個人的には。なんです。私はTwitterで育児アカウントを持っていて、同じく育児中のママさんと沢山繋がっています。そしてタイムラインでよく見かけるのが、「知らない人に勝手に子供を触られて嫌だった」という意見です。

言い分としては、どんな人かわからないから怖い。過去には知らない人に指を骨折させられた赤ちゃんもいた。大人だったら勝手に触られたら犯罪。何故子供なら許されるのか?ということ。

また、どこで何を触ったかわからない手で、免疫力の弱い子供を触らないでほしい。ということです。中には「触らないで」と言ってその場を立ち去ったという強者もいます。

子供を挟むからこその難しさ

私はこの言い分を否定するつもりはありませんし、理解もできます。子を守る責任のある親にとって当然の感情だと思いますし、私自身よそのお子さんに触れる際は親御さんの許可を得てからにしています。

ただ、これは少し寂しいなという気持ちがあるのも確かです。今日出会ったにこやかな男性も、悪気はないのに他のママさんに上記のように思われていたりするのだろうか、と思うと少しいたたまれなくなります。

善意に敵意を剥き出しにしてぶつけない、触れる前には許可を取る、お互いがお互いを思いやって歩み寄り、間にいる子供が笑顔で暮らせるような優しい世界になるといいなと思います。

ただ、私も1つ許せないのは「かわいそうおばさん」の存在です。見ず知らずの子供について、「肌荒れ?可哀想」「くつ下履いてないの?寒そう、可哀想」「暑いのに連れ回されて可哀想」など、とにかく可哀想がってママに文句をつけるおばさんの多いこと多いこと。

その子がどのような体質や治療を受けているのか、どういう状況でくつ下を履いていないのか?夏の外出で、どこからどこまでの距離を、何の為に移動しているのか?これらのことを何も知らないのに急に文句をつけてくるので大変不快です。

自分自身が可哀想おばさんにならないように気をつけるのは勿論、周りでそのような発言をする人がいたら厳しく注意したいと思います。